年賀状の基本!裏書(文面)&表書(宛名)の書き方&返事!

スポンサードリンク



a027

年賀状には何を書けばいいの?
年賀状の宛名の書き方は?
出してない人から年賀状が届いたら…といった、
年賀状の基本が知りたいアナタに、お話しさせていただきます^^

スポンサードリンク



 

年賀状の基本構成

年賀状の中身は主に次のような項目が含まれます。
・新しい年を祝う言葉(賀詞:がし)があること
・昨年お世話になったことに対する感謝の言葉
・相手の健康や幸せを願う言葉
・今年も変わらぬ付き合いや指導を願う言葉

 

年賀状の基本!書き方:裏書き「文面」の基本!

1.新年のお祝いの言葉「賀詞」を最初に書きます!
「あけましておめでとうございます」「謹賀新年」などの言葉が「賀詞」。
「謹んで新春のお慶びを申し上げます」などの改まった言い回しや賀正、迎春など、
様々な言葉があります。

※「新年あけましておめでとうございます」は重複表現です!
「新年おめでとうございます」が正しい表現です。ご注意ください。

2.挨拶やお礼などの謝辞!
相手の幸福を祈り、変わらぬ友誼を願うことばを記します。
相手が不快に感じるフレーズはできるだけ書かないように気配りを。

「昨年は体調を壊して…」など、新年早々暗い気分になることは避け、
できるだけ楽しい話題を心がけるようにしましょう。

「去る」「失う」「滅びる」「絶望」などはNGワードです!
「去年」は避け、「昨年」「旧年」を使うこと。

3.日付について!
「元旦」とは新年の最初の朝という意味です。
「一月元旦」「一月一日元旦」は重複表現ですのでご注意ください!
「平成○○年 元旦」「○○○○年 元旦]と書くのが正しい使い方です。

 

年賀状の基本!書き方:表書き「宛名」の基本!

1.数字の書き方!
縦書きの場合の番地や部屋番号は原則として漢数字、
番地が15なら「一五」を「十五」、12なら「一二」を「十二」。

2.敬称のつけ方!
宛名には必ず敬称をつけます。
・個人宛ては「様」
伊藤 みゆき様

・連名はでは
伊藤 みゆき様・真紀様
伊藤家御一同様

・ 会社、団体は「御中」

・ 組織の個人に宛てる場合
部署名を右肩に、役職名を名前の上に小さく、個人名に「様」とします。
役職名には敬称はつけませんので「○○社長様」とはぜず「社長 ○○様」
(例)○○株式会社 ○○部 部長 伊藤みゆき様

・ 医師、恩師などに宛てる場合は名前に「先生」
ただし一個人として出す場合は、「様」でもOKです。

※「殿」は年賀状では一般的ではありませんので「様」を用います。

 

年賀状の基本!すぐに返事を!

出し忘れてしまった人から年賀状が届いたら、すぐに返事を送りましょう。
※返事を書かないことが、最も失礼に当たります!
松の内(一般に1月7日)までに届けられれば、年賀状として返信します。
松の内に間に合わなければ「寒中見舞い」を送りましょう。

 

おわりに…

年賀状は、新年最初に手にする手紙です。
心を込めた一枚をお届けできるよう、基本は抑えておきましょう^^

本日もお付き合い誠にありがとうございます!

 

スポンサードリンク



コメントを残す




CAPTCHA