日本の正月の歴史・意味と由来、年神様への感謝のことば!

スポンサードリンク



b031

知っているようで知らない“お正月”のはじまり!
そもそも“正月”って何なのさ?ということで、
お正月について、お話しさせていただきます^^

スポンサードリンク



 

日本の正月の歴史とはじまり

正月は日本最古の年中行事!
正月は、日本の行事の中で最も古くから存在すると言われ、
仏教が伝来した6世紀半ば以前より存在していたとあります。

“お盆”の半年後にやってくる正月は、本来お盆と同じく、
「先祖をお祀りする行事」でした。

仏教が浸透しその影響が強くなるにつれ、お盆は仏教行事の
盂蘭盆会(うらぼんえ)として融合し「先祖供養の行事」となり
正月は歳神様を迎えてその年の豊作を祈る「神祭り」として
区別されるようになったようです。

現在のようなお正月の行事(門松やしめ飾り、鏡餅を飾る等)が
浸透したのは江戸時代に入ってからのことです。

 

正月の意味と由来、歳神様(としがみさま)

正月は家に歳神様をお迎えし、祝う行事!
昔、亡くなった人は山の神になり、正月に歳神様になって、
子孫の繁栄を見守ってくれるものだと考えられていました。

年の初めに、その年の作物が豊かに実るよう、家族みんなに
幸せをもたらすために、山から降臨すると考えていたのです。
歳神様は、祖先の神様でもあり、農耕の神様でもあったのです。

歳神様は、正月の間それぞれの家に滞在されます。玄関先に
注連縄(しめなわ)を飾るのは、神様がいらっしゃるのにふさわしい
神聖な場所であるとするからで、大掃除もそのためのものです。

 

正月の意味と由来、神様への感謝の言葉

「あけましておめでとう」は霊に対する祝福の言葉!
一年のはじめ“正月”は春の始まり、「立春」とも考えられており
人々は春の訪れがもたらす生命の誕生を心から喜びました。

「めでたい:芽出度い」という言葉は「新しい春を迎え芽が出る」
という意味があります。

新年に言う「明けましておめでとうございます」という言葉は
年が明け歳神様を迎える際の祝福の言葉でもありました。

つまり、神様への感謝の言葉を人々の間で交わすことにより、
心から歳神様を迎えたことを喜びあった
ということです。

 

おわりに…

本日は、日本の正月の歴史、正月の意味と由来について
ザックリお話しさせていただきました。

この続きは、次回とさせていただきます^^
本日もお付き合い誠にありがとうございます!

 

スポンサードリンク



コメントを残す




CAPTCHA