マイナンバー制度、 通知カードとは?個人番号カードとは?

スポンサードリンク



a026

マインナンバー制度の “通知カード” と “個人番号カード”って何?
カードが二つもあるの?その違いは何??というアナタに、

“通知カード” と “個人番号カード”について
お話しさせていただきます^^

スポンサードリンク



 

マイナンバー制度と通知カード&個人番カードについて

マイナンバー制度では、住民票があるすべての住民(外国人も含む)に
12桁の個人番号(マイナンバー)が付与されます。

平成28年1月以降、医療保険、雇用保険、福祉の給付や税の手続などで、
マイナンバーの提示が求められるなど、マイナンバー(個人番号)は
生涯にわたって使うものです!

マイナンバーを通知する際に交付されるのが“通知カード”です。
“個人番号カード”は、申請することにより交付されます。

 

マイナンバー制度、通知カードとは?

通知カードとは、一人にひとつの個人番号(マイナンバー)を
通知するカードです。

平成27年10月から順次、住民登録している住所に簡易書留で送られます。

通知カードの券面には、個人番号、住所、氏名、生年月日、性別等が記載されています。
※顔写真は掲載されません!

平成28年1月から、社会保障・税・災害対策における各種手続において、
本人確認とともに、個人番号の記載・確認を求められることとなります。

届いた通知カードは、紛失しないよう大切に保管してください。
※紛失した場合、再交付を受けるには手数料が必要となる予定です。
※個人番号カードの交付を受ける際にも返却が必要となります。

通知カードには顔写真が掲載されておらず、通知カードを利用して
番号確認と本人確認を同時に行うためには、別に運転免許証や旅券等、
本人確認書類が必要となります。

番号確認と本人確認を1枚で行いたい方は、“個人番号カード”が便利です。
※個人番号カードの交付手数料は当面無料となっております。
 

 

マイナンバー制度、個人番号カードって何?

個人番号カードは、本人の申請により交付を受けることができます。
個人番号を証明する書類や本人確認の際の公的な身分証明書として
利用ができるカードです。

“通知カード”を受け取り後、申請が可能となります。交付されるのは、
平成28年1月からとなります。

個人番号カードの表面に、氏名、住所、生年月日、性別、顔写真が掲載され
裏面に個人番号(マイナンバー)が記載されたICカードです。

本人確認のための身分証明書として利用できる他、e-Tax等の電子申請等が
行える電子証明書も標準搭載されます。
※交付手数料は、当面の間無料です(本人の責による再発行の場合を除く)。

個人番号カードは、金融機関等本人確認の必要な窓口で身分証明書として
利用できますが、個人番号をコピー・保管できる事業者は、行政機関や
雇用主等、法令に規定されたものに限定されています。

※規定されていない事業者等で、個人番号が記載されているカードの裏面を
コピー・保管することはできません!

※個人番号カードを身分証明書として取り扱うかどうかは、各事業者側の
判断となりますので、一部の事業者では利用できない場合があります。

 

おわりに…

本日は、マイナンバー制度の“通知カード”と“個人番号カード”の違いについて
お話しさせていただきました。

少しは、ご理解いただけましたでしょうか?
この続きは、また次回とさせて頂きます。お付き合い、ありがとうございます^^

 

スポンサードリンク



コメントを残す




CAPTCHA