ハロウィンって何なのさ?その意味は?いつが?由来は?

スポンサードリンク



a006

世の中的には、かなり浸透している“ハロウィン”ですが…
ハロウィンって何なのさ?と、疑問を持つあなたに、
ハロウィンについて、わかりやすくお伝えします^^

スポンサードリンク



 

ハロウィンって何?ハロウィンの意味は?

●ハロウィンとは?
ハロウィンは、日本でいうお盆です。
ハロウィンには、地獄の釜の蓋が開いて死者の魂がこの世に戻ってくるとされています。
ハロウィンは、秋に行われるキリスト教の行事です。

日本のお盆との違いは、日本では死者の霊が家族を訪ねて来るという考えですが、
ハロウィンでは、精霊や悪霊も一緒についてくると信じられていた点です。

悪霊は、子供たちをさらったり作物や家畜に害をなすと考えられていました。
そこで、家の周りを徘徊する悪霊たち驚かせて追い払うために、仮面をかぶり
魔除けの焚き木を焚くようになったということです。

ここから、ハロウィンに仮装するという習慣が生まれたとされています。

 

ハロウィンって何?ハロウィンはいつ?

正確には、10月31日から11月2日がハロウィンです!
10月31日が前夜祭で、ハロウィン・イブと考えるとわかりやすいです。
11月1日がキリスト教の万聖節(ばんせいせつ)になり、前夜祭から2日までを
ハロウィンと呼んでいます。

万聖節(ばんせいせつ)とは?
諸聖人の祝日ともいい、キリスト教においてすべての聖人を崇敬する祝日。

 

 

ハロウィンって何?ハロウィンの由来、はじまりは?

2000年以上昔のケルト民族の宗教に“ドゥルイド教”というのがあり、
ドゥルイド教での儀式のひとつである“サウィン祭”が起源とされています。

その後、カトリック系がケルト系を侵略し、カトリック系は異教徒の習慣を
良しとせず、根絶するのではなく都合のいいように手直しし取り入れました。

カトリックでは、11月1日を聖者(Hallow)の日と定めていたので、その前夜
10月31日が “Halloween” と言われるようになったそうです。

つまり、ケルト人の行う儀式が形を変えてカトリックを信仰する民族に浸透し
キリスト教の文化圏に広がったということです。

ドゥルイド教のサウィン祭とは?
古代ケルトでの秋の収穫を祝い、悪霊を追い払う祭りのことです。
古代ケルト歴では、1年の終わりが10月31日とされていたということで、
この日に新年を迎える行事が行われ、夜は死者の祭りを行っていました。

 

おわりに…

ハロウィンについて、意外と知らなかったりいたします。
本日は、ハロウィンの“いろはのイ”をご紹介しました。
この続きは、また明日^^

 

スポンサードリンク



コメントを残す




CAPTCHA