熱中症予防のポイントと暑さ指数(WBGT値)の活用方法!

スポンサードリンク



160720natu02

熱中症予防のポイントは?
暑さ指数(WBGT値)って何??
熱中症と暑さ指数(WBGT値)の関係は??

というあなたに、お話しさせていただきます。

スポンサードリンク



 

熱中症予防の7つのポイント!

熱中症を予防するために、自分で出来ることは?というと、

1.部屋の温度をこまめにチェック!
2.室温28℃を越えないように、エアコンや扇風機等を活用!
3.のどが渇いたと感じたら必ず水分補給!
4.のどが渇かなくてもこまめに水分補給!
5.外出の際は、体をしめつけない涼しい服装で、日よけ対策も!
6.無理せず、適度に休憩を!
7.日頃から栄養バランスの良い食事と体力づくりを!

熱中症は予防ができる病気です。
暑い夏を元気に過ごせるよう、自分でシッカリ予防しましょう!

 

暑さ指数(WBGT値)って何?

暑さ指数(WBGT値=湿球黒球温度:Wet-Bulb Globe Temperature)とは、
熱中症を予防することを目的として1954年にアメリカで提案された指標です。

暑さ指数(WBGT値=湿球黒球温度:Wet-Bulb Globe Temperature)は、
気温・湿度・風速・輻射熱を総合的に考慮した数値(単位は、度=℃)で、
むし暑さをわかりやすく表わした指標です。

単位は気温と同じ摂氏度(℃)で示されますが、その値は気温とは異なります。

暑さ指数(WBGT)は人体と外気との熱のやりとり(熱収支)に着目した指標で、
人体の熱収支に与える影響の大きい
①湿度
②日射・輻射(ふくしゃ)など周辺の熱環境
③気温
これら3つを取り入れた指標です。

暑さ指数(WBGT)は乾球温度計、湿球温度計、黒球温度計を使って計算されます。
 

 

熱中症と暑さ指数(WBGT値)の関係とは?

暑さ指数(WBGT値)の使い方!
暑さ指数(WBGT)は労働環境や運動環境の指針として有効であると認められ、
ISO等で国際的に規格化されています。

日本生気象学会では「日常生活に関する指針」を下記のとおり公表しています。
・注意=25℃未満
・警戒=25~28℃
・厳重警戒=28~31℃
・危険=31℃以上

暑さ指数(WBGT)を目安にした、熱中症発生の危険度と注意事項!
●注意=25℃未満
一般に危険性は少ないが、激しい運動や重労働時には発生する危険性がある。

●警戒=25~28℃
運動や激しい作業をする際は、定期的に充分に休息を取り入れる!

●厳重警戒=28~31℃
外出時は炎天下を避け、室内では室温上昇に注意する!

●危険=31℃以上
高齢者においては安静状態でも発生する危険性が大きい!
外出はなるべく避け、涼しい室内に移動する!

暑さ指数(WBGT)が知りたいときはコチラ!
↓↓↓
暑さ指数(WBGT)の実況と予測

環境省 熱中症予防情報サイト

 

おわりに…

熱中症を予防するには?
と調べたときに、暑さ指数(WBGT値)を発見しました。
数字で目安を知り、注意するのも有りかと思います。。
事前に知って、事前に対策!如何でしょうか??

 

スポンサードリンク



2016年7月20日 熱中症予防のポイントと暑さ指数(WBGT値)の活用方法! はコメントを受け付けていません。 健康