多肉植物の簡単な育て方!室内での育て方&水の注意!

スポンサードリンク



5175

ガーデニング初心者でも、
簡単に育てられる植物と言えば…多肉植物です。

多肉植物を育てたい!
多肉植物の簡単な育て方が知りたい!
多肉植物を楽しむ方法が知りたい!
多肉植物を育てるポイントは?注意することは?

というアナタに、お話しさせていただきます^^
 

スポンサードリンク



 

多肉植物の簡単な育て方と寄せ植え方法方!

多肉植物の育て方&楽しみ方!

素敵にフラワーライフ「多肉植物」
2013/07/07 に公開:miyazakicatvOfficial

miyazakicatvOfficial様、誠にありがとうございます!

多肉植物の寄せ植えの作り方!
<準備するもの>
・ボラ土
・多肉植物用の培養土
・鉢(穴あき)
※底にネットを敷きます。
※成長が遅いので鉢は小さめでも大丈夫!

<寄せ植えの作り方>
1.ボラ土を入れます。
※鉢の1/3程度、鉢が大きい場合は半分くらいまで。

2.多肉植物用の培養土を入れます

3.根についている土は多めに落とします。
※培養土の割合が増え、水はけが良くなります!
※ピンセットや割りばしを使って土を落とします。

4.鉢に多肉植物を入れ、隙間に培養土を入れます。

 
多肉植物は日光が好きです。
日当たりの良い場所に置いてあげましょう

水やりは少なめに!
多肉植物は、葉っぱの中に水分を蓄えています。
室内であれば月に2回くらいが目安です。
※屋外で日当たりが良い場所であれば、週に1回程度が目安。

草花用の培養土では水持ちが良すぎます!
鹿沼土や赤玉土の小粒などを多めに混ぜるか、専用の培養土を。
※サボテン・多肉用の土などを使いましょう。

 
多肉植物のお手入れ方法&増やし方!
・多肉植物の葉っぱを培養土の上に置いておくだけで芽が出てきます。
・大きくなりすぎたら切ってあげます。
・下の方の葉っぱを落とし2~3日乾かし、挿し穂します。
※落とした葉っぱも再利用しましょう!
※さした後、2~3週間は水やりはしません!(根が出やすいため)
・根が出たら頃に水やりをしましょう。

 
多肉植物の簡単アレンジ方法!
1.ペットボトルの底の部分をカットし、数ヶ所穴を開けます。
2.中に多肉植物用の培養土を入れ、周りをミズゴケで蓋をします。
3.園芸用のネットを巻いて固定します。
4.水コケに多肉植物を刺していきます。

 

 

多肉植物の室内での育て方と管理方法!

多肉植物を室内で育てるポイント!
多肉植物は、日光が好きです。
日当たりの良い明るい場所に置いてあげましょう!

多肉植物は、肉厚の葉の中に水を溜め込んで育ちます。
水をかけすぎないようにして育てる事がポイントです!

水やりは土の表面が乾いて2~3日たってから、
鉢の底穴から流れでるくらい、たっぷりあげましょう。
※植物の葉の中心部分に、水がかからないように注意を!

葉の表面が乾燥してシワシワになってしまっても、
水を与えれば、以前のようにぷっくりとした葉に戻ります。
※水をかけても元気がなく、葉がポロポロと落ちる場合は、
 根が腐っている可能性があります。
 器からそっと抜き取り、根が黒くなっていないか確認を!

冬場は寒さ対策をしてあげましょう!
※窓際で朝夕冷え込む場合、寒さで弱ってきます。
※保温対策(=発泡スチロールの箱に入れるなど)をしてあげましょう。
※できれば、9時~3時は外で日光浴を。

直射日光が苦手な多肉植物もあります!
ハオルチアの仲間は直射日光が苦手です。真夏の間は直射日光を避け、
軒下やカーテン越しの明るい日陰に移動をしてあげましょう。

 

多肉植物の育て方 水&雨に注意!

多肉植物を屋外で育てている場合には、雨に注意が必要です!

多肉植物は極力雨は避けてあげましょう!
水を上げる際は、葉っぱに水がかからないように注意を!
※根元からお水をあげましょう!

雨にあたり、中心部分に水が溜まってしまった場合…
そのままにしておくと腐ってきます!
・斜めにして水を切る
・息で吹き飛ばす
などをして、水を飛ばしてあげましょう。

多肉植物が長期間雨にあたってしまうと…
腐りや病気の原因になります。ご注意ください!!

寒い冬の結露にも注意しましょう。
結露が原因で腐ってきたりします。できれば室内に取り込みましょう。

多肉植物には、水を好む性質と好まない性質のものがあります。
※水を好む性質と好まない性質のものは出来れば一緒にしない。

水を好む性質と好まない性質の多肉植物が一緒になっていたら、
水を好まない植物の付近を避けてお水をあげましょう。

 

おわりに…

プニプニした多肉植物を見るだけで、
不思議とホッコリできます。

多肉植物は多少育てるのに失敗しても、
自力で復活してくれる賢い植物ですので
多少ずぼらでも、許してくれます^^

ガーデニング初心者にもおススメですよ♪
如何でしょうか??

本日もお付き合い誠にありがとうございます!

 

スポンサードリンク



コメントを残す




CAPTCHA