おはぎの作り方 簡単で美味しいお萩を作る方法&おはぎの意味

スポンサードリンク



5167

おはぎを作りたい!
おはぎを簡単に作る方法が知りたい!
おはぎの美味しい作り方がしりたい!

というアナタに、お話しさせていただきます^^
 

スポンサードリンク



 

おはぎの作り方 簡単&ヘルシーな一口おはぎの作り方!

おはぎの作り方 簡単で美味しいヘルシーおはぎ!

見た目も可愛い一口サイズの三色おはぎの作り方:How to make Ohagi | Veggie Dishes by Peaceful Cuisine
2015/05/24 に公開:VEGGIE DISHES(ベジーディッシーズ)

VEGGIE DISHES(ベジーディッシーズ)とは…
ヴィーガン&オーガニックに拘った野菜料理を紹介する番組です。

市販のおはぎは、少し甘みが強い場合が多いかと思います。
甘さの加減や小豆あんの量など、好みに合わせて作ってみては?

VEGGIE DISHES(ベジーディッシーズ)様、
いつもありがとうございます!

ヘルシーおはぎの材料と作り方!
<材料>
・もち米…1.5カップ
・米………0.5カップ
・水………2.5カップ

・小豆……100g
・甘味料…80g
・塩………少々

・きな粉…30g
・甘味料…大さじ1

・黒いり胡麻…30g
・甘味料………大さじ1

<作り方>
※下準備
もち米と米を合わせて洗い、一晩浸水させます。
小豆も、一晩浸水させます。

1.一晩浸水させた小豆を柔らかくなるまで茹でます。終わりの方で甘味料と塩を加えます。
※甘味料80gを数回に分けて加えます!
※小豆が柔らかくなるまでは30~60分ぐらいかかります。
※柔らかくなって最後に塩を加えます。

2.一晩浸水させたお米を炊きます。炊けたお米を軽く潰しておきます。
※お米は、約20分で炊けます!

3.炊いたお米を一口大に取り分けます。

4.手に水をつけて、小倉あんでご飯を包みます。

5.黒ごまときな粉のおはぎは、小倉あんをご飯で包み、それぞれまぶします。
※黒いり胡麻を擦り、甘味料を加え混ぜ合わせておきます。
※きな粉に甘味料を加え、混ぜ合わせておきます。

<作るポイント>
必ずお米と小豆を、浸水させておきましょう。
※6~8時間浸水させる!

甘さ控えめに作る、ヘルシーおはぎです。
思った以上に、簡単に作れそうだと思いませんか??
美味しいのはモチロン!見た目も可愛いおはぎです^^
おススメです!
 

 

お彼岸におはぎとは?その意味は?

「おはぎ」の原型は、もち米と小豆をたいたもので作られていました。
明治以降、砂糖が庶民の手に届くようになってから、次第に現在のような
甘いおはぎが作られるようになったのです。

昔から「小豆には邪気を祓う効果がある!」と信じられていました。なので、
邪気を祓う食べ物として、先祖の供養の際にお供えをしたのがはじまりで、
お彼岸や四十九日の忌明けに食べる風習が定着したとあります。

 

「おはぎ」と「ぼたもち」の違いとは?

「おはぎ」と「ぼたもち」には、それぞれの意味があります。
花の季節に合わせ、春から初夏につくるものを「ぼたもち」と呼び、
秋に作るものを「おはぎ」と呼びます。

春に咲く牡丹の花にちなみ「ぼたもち」といい、「牡丹餅」と書き、
秋は萩の花にちなんで「おはぎ」といい、「御萩」と書くのです。

牡丹は大きくて丸い花、萩は小さくてやや細長い花です。なので、
・「牡丹餅=ぼたもち」は大きめで丸い形に作ります。
・「御萩=おはぎ」は小ぶりで俵の形に作ります。

小豆の収穫時期は秋です!
秋は、とれたての小豆を使えるため、皮ごと使った粒あんにします。
冬を越した春は、かたくなった皮を取り、こしあんにして使ったのです。
「ぼたもち」はこしあん、「おはぎ」は粒あんを使って作ります。

現在は、こうした違いにこだわらないものが多くなりましたが、
本来は春と秋で区別していたのです。

地方によっても…
小豆あんを「ぼたもち」、きな粉をまぶしたものを「おはぎ」と呼んだり
米粒が残らない餅状につぶしたものを「ぼたもち」、米粒が残ったものを
「おはぎ」と呼ぶなど様々です。

 

おわりに…

春のお彼岸に「おはぎ」を作りたい!と考えていました。
ですが、本来春のお彼岸には「ぼたもち」が正解です^^

正解を知ったものの…
私「こしあん」苦手です(><)
なので、御先祖様にはもうしわけございませんが…
粒あんで作る「おはぎ」といたします^^

本日もお付き合い誠にありがとうございます!

 

スポンサードリンク



コメントを残す




CAPTCHA