エアコン暖房 節約できる使い方!暖房費の節約方法&節約術

スポンサードリンク



5130

エアコン暖房の節約方法が知りたい!
エアコン暖房で節約できる使い方は?
エアコン暖房の賢い節約術とは??

というアナタに、お話しさせていただきます^^
 

スポンサードリンク



 

エアコン暖房 節約できる賢い使い方!

●1℃低めに設定すると約10%の節電に!
温めすぎないように温度設定をしておきましょう。
暖房時に1℃低めに設定するだけで約10%の節電効果があります。

●運転を停止するより温度設定を!
エアコンは運転開始のときに、運転中より多くの電気を使います。
節電しようと、切ったり入れたりを繰り返すと多くの電気を消費します!
※かえって多くの電気を消費してしまうのでご注意ください。
お部屋がじゅうぶん暖まったら、設定温度の調整で温まり過ぎを防ぎましょう。

●タイマー機能を活用!
タイマー機能を上手に使って、無駄な運転を避けましょう。
お出かけの時やお休みの時は、タイマーを使って必要な時間だけの運転を!

●風量は「自動運転」に!
微風や弱風で運転すると、快適な温度に達するまでに時間がかかってしまい、
かえって無駄に電気を消費します。
「自動運転」にすることで、最も効率的な運転をしてくれます!

●風向きは下向きに!
暖かい空気は天井近くに溜まりがちです。風向きを調節して、足元からむらなく
暖房出来るようにしておきましょう。
サーキュレーターなどを併用し、お部屋の空気をかき混ぜるとより効果的です!

 

エアコン暖房 節約方法にエアコンのお手入れ!

●フィルターのお掃除は2週間に1回!
フィルターにゴミやホコリが詰まると暖房効果が弱まり、電気代で最大25%の
無駄使いになってしまいます!
※フィルターの目詰まりは、異常音や水漏れ・臭いなどの原因にもなります。

●室外ユニットのまわりにモノを置かない!
室外ユニットは周りの外気を吸いこんで、吹出すことで熱交換をしています。
吸込み口・吹出し口近くに障害物があると、暖房効果が弱まり、電気の無駄に!

●室外ユニットに防雪対策を!
室外ユニットに雪が付着したり周りに雪が積もったりすると、吸排気の妨げになり
暖房効率が低下します!
※室外ユニット周りの雪は除雪しましょう。
※降雪の多い地域では、雪除けを設置したり高置台に設置を!

●長く使わない時はプラグを抜いて!
長く使わないときは電源プラグを抜いて、ムダな電気をカットしましょう。
 

 

エアコン暖房 ちょっとした工夫でできる節約術!

●昼間はカーテンを開けましょう!
昼間はカーテンを開けて日光を取り入れ、お部屋を暖めましょう。
お部屋を暖めておくことで暖房効率が上がります。

●夜間はカーテンを閉めましょう!
せっかくエアコンで部屋を暖めても、窓から侵入する冷たい空気でお部屋の熱が
逃げてしまいます。
※カーテンの長さを長くして、窓の上部と床との隙間を無くすよう!
※厚地の生地や保温機能のある生地を選び、ドレ―プ(ヒダ)も多めに。

●窓や戸の開閉は少なめに!
冷たい空気が入ってくると暖房効果が悪くなり、電気の無駄使いにつながります。
暖房している部屋のドアや窓はキチンと閉め、開閉はできるだけ最小限に!

●部屋の空気をかき混ぜ暖房効率をアップ!
冷たい空気はお部屋の下に溜まりやすいので、サーキュレーターや扇風機などで
空気をかき混ぜ循環させて、お部屋の温度ムラをなくしましょう!
※扇風機の電気代は微々たるものですので、かえって節約につながります。

●加湿器の利用を!
湿度が上がると体感温度が高くなります。加湿器を利用し適切な湿度に保つことで
暖房の設定温度を低く抑えることができます。
※湿度50~60%が目安。
※湿度が高くなりすぎると結露の原因になりますのでご注意を!

 

おわりに…

ケチケチするのはスマートではありませんが…
無駄なことはもっとスマートではない!かと思います。
無駄をなくし賢く節約!が理想です^^

本日もお付き合い誠にありがとうございます!

 

スポンサードリンク



コメントを残す




CAPTCHA