花梨で作る花梨酒と花梨の蜂蜜漬けの作り方動画&飲み方!

スポンサードリンク



5129

花梨を使って簡単に作れるものは?というと…
花梨酒に花梨の蜂蜜漬けなどが浮かびます。
かりん酒の作り方が知りたい!
かりんの蜂蜜漬けの作り方は?
というアナタに、お話しさせていただきます^^
 

スポンサードリンク



 

花梨で作るかりん酒の作り方を動画で!

花梨は、風邪のノド荒れ&咳止めに効果があるといわれます。
花梨は果肉が固く、そのまま食べるのには適していませんが、
果実酒にすると抜群の香りと、ほどよい渋味、酸味が溶けあい、
最高のお酒となります!

花梨酒の作り方!

カリン酒の作り方 – How to Make Karinshu (Chinese Quince Liqueur).
2011/10/30 にアップロード:marronrecipe

marronrecipe様、誠にありがとうございます!

<材料>
・かりん………………………1個(500g)
・ホワイトリカー(35度)
・氷砂糖………………………100g

<作り方>
1.かりんを水でよく洗い、

2.水けをよくふき取り、縦半分に切ります。
※ラップに包み電子レンジで1分加熱すると切りやすい!

3.黒いヘタは取り除きます。
※傷んだ部分があれば取り除いておきましょう!

4.さらに縦半分に切り、5~7㎜幅にカットします。

5.熱湯消毒し乾かした容器に花梨を入れます。
※芯も種も入れます!

6.氷砂糖を加え、ホワイトリカーも加えます。

7.フタをして冷暗所に保存し、3か月後から飲み頃に!
※1年置くとさらに熟成して美味しくなります。
※6か月後に実を取り出し、酒をこし別の容器に移します。

<花梨酒の渋みを和らげるポイント>
・完熟した花梨を使いましょう!
・6か月経過したら実を取り出しましょう。
※実を入れたままだと渋みが増します!
 

 

花梨の蜂蜜漬けの作り方を動画で!

花梨で作る、花梨の蜂蜜漬けをお湯割りにして飲むと、
風邪の咳止めやのどの痛みの緩和に効果的です。

花梨の蜂蜜漬け かりんシロップの作り方!

かりんのはちみつ漬けの作り方 – How to make karin honey (homemade cough syrup).
2011/10/30 にアップロード:

marronrecipe様、誠にありがとうございます!

<材料>
・かりん……1個(500g)
・ハチミツ…1kg

<作り方>
1.かりんを水でよく洗い、

2.水けをよくふき取り、縦半分に切ります。
※ラップに包み電子レンジで1分加熱すると切りやすい!
※カリンの渋みタンニンは、鉄と反応して黒くなります。
ステンレスの包丁をお使いください。

3.黒いヘタは取り除きます。
※傷んだ部分があれば取り除いておきましょう!

4.さらに縦半分に切り、2~3㎜幅にカットします。

5.種は咳止めの効果が高いので捨てないで一緒に漬けます。
※種は、お茶パックに入れてひとまとめに!

6.ボウル1杯の水に小さじ1/2杯位の塩を入れ溶かします。

7.切った花梨を入れ10分置き、ザルにあげ水気をよくふきます。
※色の変色を防ぎます!

8.熱湯消毒して乾かした容器に花梨と種を入れ、かぶる程度蜂蜜を加えます。

9.フタをして冷暗所に置き、翌日から熱湯消毒したスプーンでかき混ぜます。
※底の方から良くかき混ぜ、これを2週間続けます。
 発酵による腐敗防止のため!

10.1~2か月後には飲めます。
※実を取り出し、冷蔵庫で保存すれば半年は保存可能。

取り出した花梨は、シナモンやクローブなどと一緒に煮込み、
パイの身にしても美味です♪

 

花梨酒の飲み方!

●花梨酒の炭酸割り
グラスに氷をたっぷり入れます。
花梨酒をグラスの半分まで入れ、炭酸水を注ぎます。
軽く混ぜたら出来上がり!
花梨酒と炭酸水の割合は、1:1が目安!

●花梨酒のオンザロック
小さめのグラスに氷を半分ほど入れます。
花梨酒を氷の高さまで注ぎます。
軽く混ぜなじませたら完成!

●花梨酒をストレートで!
常温ストレートで飲むと、まろやかさと独特な香りが楽しめます。
少量でいただくようご注意ください!

●花梨酒のお湯割り
カップを温め、1/3くらい花梨酒を入れ沸騰したお湯を注ぎます。
蜂蜜やレモンを加えてもOKです!

風邪気味の時は、花梨酒をお湯割りにしてホットでどうぞ^^

 

おわりに…

花梨は、のどの痛みに効果大!とよく聞きます。
庭になる花梨を見るたびに、何を作ろうかしらね?
といつも思ってしまいます^^

すぐには飲めませんが、
来年のことを考えて花梨酒を作ってみませんか??

本日もお付き合い誠にありがとうございます!

 

スポンサードリンク



コメントを残す




CAPTCHA