節分に豆まき 節分の意味と豆まきの由来&豆を食べる理由とは?

スポンサードリンク



5122

そもそも…
節分って何なのさ?
節分に豆をまく理由は?
節分に豆を食べる理由は?

というアナタに、お話しさせていただきます^^

 

スポンサードリンク



 

節分に豆まき 節分の意味!

節分とは、立春・立夏・立秋・立冬をもって四季の節目とし年に4回あり、
旧暦で「立春」が一年の始まりにあたった事から、この節目が重要視され
節分はこの時を指すようになったのです。

昔は夜が一日の始まりで、節分の夜と立春の朝は同じ日でした。ですが、
日本人の時間の観念が「一日は朝に始まり、夜に終わる」と変化したため
「節分は、立春の前の日」になったのです。

立春は新しい年の初め、新年の元旦でした。なので、節分は一年の終わり
大晦日だったのです。

 

節分に豆まき 豆を撒く意味と由来!

節分の豆まきは、大祓(おおはらえ、おおはらい)の神事でもあります。
大祓は一年を前半と後半に分け、その最後の日に罪や穢れを祓うもので、
災厄の原因となる諸々の罪・過ちを祓い清めることを目的としています。

節分の豆まきは、昔の追儺(ついな)、鬼儺(おにやらい)といった、
大晦日の夜に行われた「疫鬼を祓うための宮中での儀式」から来ています。
追儺(ついな)とは、中国から伝わった行事で、日本での始まりは706年、
文武天皇三年・藤原京時代です。

疫病がはやり多くの死者が発生し、土牛(どぎゅう)を作りお祓いをしたのが
追儺(ついな)の始まりとされています。

鬼に豆をまくのは、邪気を祓うという意味とともに、一年の無事を祈る!
という意味があります。

大豆は強い生命力を持ち、中国では呪いなどに使われていたと日本に伝わり、
その風習にあやかって鬼退治の道具として使われた…という説があります。

豆の持つ力で邪気を祓い、幸福を呼ぶ!と考えられていたのです。
 

 

節分に豆まき 豆を食べる理由!

火にくぐらせ(=煎る)て、邪気を祓った豆(豆=鬼)を食べることで、
鬼を退治する!という意味があるのです。

歳の数だけ食べるのは?
節分は、立春の前日ということで「大晦日」のように考えられていました。
火で煎り邪気を祓った豆は“福豆”と呼ばれ、“福”を歳の数だけ身体に入れて
次の年も健康で幸せに過ごせますように!と願ったということです。

福豆(=大豆)を、数え年でひとつ多めにいただくのは?
“次の年”が、健康で幸せに過ごせますように!という願いが込められている
からです。

 

おわりに…

節分の日には、厄除けのために豆をまき&幸せを願って豆を食べる!
ということですよね…

何事にも意味がるわけですが、案外気にしなかったりします。
少しでも、ご参考になれば幸いです^^

本日もお付き合い誠にありがとうございます!

 

スポンサードリンク



コメントを残す




CAPTCHA