節分に恵方巻 恵方とは?巻きずし丸かぶり&2016年の恵方!

スポンサードリンク



5123

節分と言えば、気になるのが“恵方巻”
この恵方巻の“恵方”について知りたいのだけれど…
そもそも“恵方:えほう”って、なんなのさ?

というアナタに、お話しさせていただきます^^

 

スポンサードリンク



 

節分に恵方巻 恵方(えほう)とは?

節分に恵方巻!がすっかり定着した今日この頃ではありますが、
そもそも「恵方:えほう」ってなんなのさ?というと…

●恵方(えほう)とは?
陰陽道(おんみょうどう)で、その年の干支(かんし=えと)に基づいて
「めでたいと定められた方角」のことです。
その年の歳徳神(としとくじん)のいる方角が恵方となります!

※歳徳神(としとくじん)
その年の福徳を司る吉神で櫛稲田姫命(ふしいなだひめのみこと)のこと。
須佐之男命(すさのおのみこと)の妻である。

●恵方の方角は、毎年その年の十干(じっかん)によって決まります!
・甲、己の年……………寅と卯の間(甲の方、東と東北東の間)
・乙、庚の年……………申と酉の間(庚の方、西と西南西の間)
・丙、辛、戊、癸の年…巳と午の間(丙の方、南と南南東の間)
・丁、壬の年……………亥と子の間(壬の方、北と北北西の間)

※十干(じっかん)
甲、乙、丙、丁、戊、己、庚、辛、壬、癸、の総称。

これを五行(ごぎょう)に配し、陽=兄(え)と、陰=弟(と)をあて
甲(きのえ)、乙(きのと)などと訓ずる。

・甲(こう)きのえ……木の兄
・乙(おつ)きのと……木の弟
・丙(へい)ひのえ……火の兄
・丁(てい)ひのと……火の弟
・戊(ぼ) つちのえ…土の兄
・己(き) つちのと…土の弟
・庚(こう)かのえ……金の兄
・辛(しん)かのと……金の弟
・壬(じん)みずのえ…水の兄
・癸(き) みずのと…水の弟

十干と十二支とは組み合わせて用いられ、干支(かんし)を「えと」と
称するに至った。

●北を0度、東を90度、南を180度、西を270度とした場合の恵方!
・子 0度
・癸 15度
・丑 30度
・艮 45度
・寅 60度
・甲 75度
・卯 90度
・乙 105度
・辰 120度
・巽 135度
・巳 150度
・丙 165度
・午 180度
・丁 195度
・未 210度
・坤 225度
・申 240度
・庚 255度
・酉 270度
・辛 285度
・戌 300度
・乾 315度
・亥 330度
・壬 345度
 

 

節分に恵方巻 節分丸かぶり!とは?

「節分丸かぶり」という風習は、恵方を向いて商売繁盛、家内安全、
合格祈願などの願い事をしながら、無言で丸かぶりすると願いが叶う!

というものです。

なぜ“巻ずし”なの?、どうして“丸かぶり”するの?かというと…
・「巻く」ということから「福を巻き込む」
・「切らずに食べる」に「縁を切らない」
という意味が込められているという説が有力だとか。

また、巻ずしの形が黒くて太い=鬼の金棒 とみたて、鬼の金棒を食べて
鬼退治をする!という意味もあるようです。

 

節分に恵方巻 2016年の恵方はどっち?

恵方(えほう)は毎年変わります。
2016年の恵方は、南南東の方角になります!
南南東を向いて、シッカリと願い事をしながら、恵方巻をどうぞ^^
無言でガブリと丸かぶり!ですよ^^

se999

 

おわりに…

恵方を向いて、無言でお願い事をしながら、巻ずしを丸かぶり!
これで福を呼び込み願いが叶えばラッキーですが…
何もしないよりは、した方が楽しめますかね^^

本日もお付き合い誠にありがとうございます!

 

スポンサードリンク



コメントを残す




CAPTCHA