ダイエット 食べても痩せる方法 食べ方&食べる量と食べる時間

スポンサードリンク



5119

ダイエットをしたい!
食べても痩せる方法が知りたい!
食べるダイエットを成功させるにはどうすれば?
というアナタに、お話しさせていただきます^^
 

スポンサードリンク



 

ダイエット 食べても痩せる方法 食べ方のポイント!

●炭水化物は選んで減らす!体を冷やすパンよりもご飯を
炭水化物を全く食べないというのは、おすすめできない方法です。
主食である炭水化物を取り除いてしまうと、満足感が低下しますので、
“我慢するダイエット”になりがちです。

その結果、リバウンドしやすくもなります!
また、小麦粉を使ったパンや麺類などは、体を冷やしやすいですので
出来るだけ控えましょう。

米は体を温めやすいので、お米を炊いたご飯はダイエット向きです。
ご飯を主食に、たんぱく質のおかずとみそ汁も組み合わせましょう。

●食べる順番も大切!温かい汁物で胃腸のウォーミングアップを
野菜から食べると血糖値の上昇を防ぎ太らない!というダイエットも
人気ではありますが…

サラダよりも、汁物を最初に食べることも推奨されています!
最初に温かいお味噌汁やスープをいただくことで快適な消化を促します。

準備運動と同じように、胃腸のウォーミングアップになるのです。また、
消化に少し時間がかかる、肉などのたんぱく質を先に食べるようにすると
代謝がより高まります。
 

 

ダイエット 食べても痩せる方法 食べる量を知る!

体の代謝を上げるために不可欠なのがたんぱく質!
たんぱく質というと、肉・魚・卵・大豆製品・乳製品などですが、
その適量はというと、肉は1食に手のひら1枚分、週3回が目安。
魚も1食に手のひら1枚分が目標です。

鉄分不足の女性も多いので、赤身の肉を選び鉄分も同時に補給を!

また、オメガ3などのいい油を含め、油の摂取は1日大さじ2杯まで。
取り過ぎないよう注意しましょう。

 

ダイエット 食べても痩せる方法 食べる時間は?

「ダイエットには朝食は必須」や「夜は20時までに済ませる」など
ダイエットの法則とされるものがありますが…

ライフスタイルは個々違います!
夜遅くに食べる人は、朝は食べたくないものです。無理に食べると、
体脂肪にもなります。食べ過ぎた時には、本当にお腹が空くまでは
食べない方が良いのです。2~3日で体のリセットをしましょう。

無理に合わせることは逆効果です!3食のボリュームも人それぞれ。
ゆる~く考え、無理のないゆるいプランで続けましょう。

ダイエットを成功させる鍵は、無理をしない&縛られない!です。

 

おわりに…

無理なダイエットは過食のもとです!
無理のない&頑張り過ぎないダイエットを続けましょう^^

本日もお付き合い誠にありがとうございます!

 

スポンサードリンク



コメントを残す




CAPTCHA